浮気証拠の利用の仕方

浮気の証拠を集めるのは離婚をするためですが、浮気の証拠は離婚時の慰謝料を請求するのにも利用することができます。
離婚だけをするのであれば、民法で定められた離婚原因に合致すれば、離婚することが出来ます。そして、民法で定められた離婚原因が「不貞行為」だった場合、浮気をした配偶者へ慰謝料の請求をすることが出来ます。
この慰謝料を請求するためには、浮気を実証する確実な証拠が必要です。
確実な浮気の証拠としては、配偶者と浮気相手が肉体関係を持っていると証明する、ホテルに出入りする瞬間の証拠写真が、浮気の実態を証明するのに効果が高い証拠になります。
また、効果の低い証拠としては、メールなどのやり取り記録であったり、着信履歴といったものが、浮気の実態を証明するのに効果が低い証拠となります。
効果の低い証拠も数を集めて、キチンと浮気を証明することが出来れば、浮気の証拠として認められることもあります。
これらの証拠から、配偶者の浮気を実証できれば、配偶者へ損害賠償請求を行うことが出来ます。
また、慰謝料の請求は配偶者だけでなく、浮気相手の異性にも請求することが出来ます。
浮気相手へ慰謝料を請求する方法としては、裁判をおこなうのが確実ではありますが、時間と費用もかかることから、実際は直接の話し合いで慰謝料の金額などを決めていくことが多いようです。
浮気相手に慰謝料を請求した場合には、話し合いの録音、そして、慰謝料の金額や取り決めについて文書で残しておくのがいいでしょう。